心のふれあい

写真-2

心がふれあう時

目には見えない何かの波動が飛び交う気がします。

ふれあいは感謝の気持ちを生み出し、穏やかな空気を醸し出します。

優しさや思いやり、お互いがそんな気持ちを持ち合う

それが 心のふれあい のような気がします。

昨日そんな機会に恵まれました。ありがとうございました。

最近の社会は、なんとなくギスギスした感じの雰囲気を感じます。

すぐにカァーっとなったり、威嚇したり、文句を言ったりと、何か変ですね。

例えば、車を運転して、二車線の道が一車線に絞り込む時、「誰が入れてやるものか」というようなシーンを良く見ます。

譲り合いや交互のマナーなどの気持ちがあればいいのにと思います。

競争原理ではなくエゴに近い気がします。

エゴとは、エゴイズム、いわゆる、わがままや自分勝手などの意味合いを持ちます。

やはり、集団生活には譲り合いや思いやり、いわゆる協調性が大事なんですね。

もう一度、昔の日本にあった助け合いの精神を取り戻したいですね。

その意味でも 心のふれあい の持つ意味は大きい気がします。

今日はそんな事を考えました。

あなたはどう思いますか。

4件のコメント

  • りり

    心のふれあいが人と人を結ぶものだと感じました

    • sasakieimei

      コメントありがとうございます。その通りですね。人と人は良い関係であるべきと思います。
      大事にして行きたいですね。またのコメントお待ちしています。

  • 新垣結衣

    心のふれあいって、なにー?

    • sasakieimei

      コメントありがとうございます。
      心のふれあい
      それは、ほっこりするような暖かい気持ちになること。
      または、人に対して優しい気持ちで接すること。

      そんなふうに思っています。
      形に置き換えて説明出来ないことなので、それぞれの多様な意見もあると思います。

      大切なのは、相手を思いやる気持ちで人と接することのように考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。