懸命

IMG_2737

一生懸命

精一杯に

寡黙に

そんな生き方があります。

明治、大正、昭和の始めの人々はそんな感じだったと想像します。

物も食べ物も少なかった時代

子供を育てるのに必死だった時代

それでも笑顔を忘れなかった

それでも希望を持ち続けた

そんな世代だったのかもしれません。

その世代が残したのが今を生きる私達なんですね。

今度は私達の番です。

次の世代に笑顔と希望の記憶を残さなければなりません。

精一杯生きる

何事にも負けない気持ちを創って行きたいものです。

頑張らなくてもいい、苦しい時だけ踏ん張ればいい

懸命

それは、命をかけるという意味です。

せっかく親から頂いた生命

それなら精一杯生きないと申し訳が立たない

そんな気持ちで日々を送りたいものです。

ありがとうと言う言葉を添えて

今日もまた前へ進みたいですね。

カテゴリー プレミアシート より記事を贈ります。

あなたの気持ちが優しく強くありますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。