短い秋

秋が短くなった気がします。

気候変動なんですかね。

朝夕はめっきり寒くなり、冷房から暖房へと切り替わります。

制限解除による街の景色が大きく変わっています。

これからはマスク無しへと向かうのでしょうか。

いずれにせよ、疲れを癒やす時間も必要ですね。

コロナ疲れ

そのストレスは遠くの人にとって初めての経験でした。

これからが正念場

思いやりのある社会へと向かうことができるかが問われてきます。

優しく強い社会になるように投票したいものです。

小子と高齢化が同時に訪れる近未来の日本

協力していける社会が必要ですね。

まずは、ちょっと休憩

それからまた活動です。

雪の声

やはり日本は縦に長く

30度の地域と雪の地域

季節の時間差です。

変わり目は疲れやすく

思えば衣替えらしい事もしていないような。

さて、週半ばです。

そして、10月の後半です。

不思議な感覚の2021年

残りは以前の感覚を少し取り戻したいものです。

新しい習慣も取り入れて

これまでの時間も取り戻す

そんな感じがいいですね。

食、睡眠、運動、

一年の中の良い季節を楽しみたいものです。

 

秋色

秋色

なんとなくそう見える空と幹と葉

日差しの関係ですかね。

それにしても良い季節です。

心地よい

そんな言葉が似合う秋

いかがお過ごしでしょうか。

コロナを境に人も仕事も考え方も

変化が生じてきます。

そんな時こそ自然の姿を確認する

いつか見た樹齢3千年の大楠

それは、何があろうと3千年生き続けた自然界の力

何かのヒントがあるかもしれません。

この国には四季があります。

半年後にはまた桜が咲きます。

それぞれの季節を感じて過ごす

それが自然に近づくヒントかもしれないですね。

良い秋を。

縁側の風

秋の縁側には風情があります。

家の中と外を繋ぐ場所

縁側

これは日本の心として残して行きたい場所ですね。

近代建築の中に縁側を

そんな感じです。

これまでの時間の中で縁側で過ごした記憶がほとんど無い気もします。

旧家や和装造りの日本家屋には必ずと言っていいほどある縁側

晴れた日や雨の日

四季折々の植物と匂い

お茶を飲んだり日陰で休んだり

会話を楽しんだり思い悩んだり

時間の流れを緩やかにしてくれる場所

それが縁側かもしれないですね。

この国には繋いで行くべき文化がたくさんある気がします。

秋の夜長

次の十三夜の月見を縁側で

そんな時期を過ごしたいですね。

朝の空気

朝の空気は本当に気持ちがいいです。

秋の朝は格別ですね。

さて、大きなリズムは底を打ちました。

これからおそらく良いスパイラルに変換する。

社会の様子がそう思わせる感じです。

やはり、リズムの楕円は秋スタートのような気がします。

諸外国の大学などの秋入学は理にかなってるのかもしれません。

そんなこんなで、今日も一つ

何かを進める

一年で365個の事柄を消化させる方法です。

日々様々な出来事があり、その度にストレスになったりもしますが、それが正常な状態と思うと、これでいいと思える。

捉え方次第で日常は大きく変わります。

ちょっとした事なんですね。

季節の変わり目

風邪などひかないようにご注意ください。

最近のコメント