松も明けて

2022年

第六派のスタートになりました。

しかし、ワクチンや飲み薬の術があるのは、以前と違って安心感もあります。

コロナに振り回された二年間

今年こそは穏やかな日常を取り戻したいですね。

さて、また一週間の始まりです。

一日一つ

このリズムを保って2022年を過ごす

これから更に寒い日が訪れます。

大寒を過ぎると春の気配も見えてくる

今年の桜が楽しみです。

先ずは、今月咲くであろう太宰府天満宮の飛梅ですね。

もう少し、あと少し

あなたは春になったら何をしますか。

心の中に楽しみを作る

コレも良いことですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。