人が街を創り、街が人を育てる

人が街を創る

その街が人を育てる

これからの社会が直面する大切なことそれは

街を創る人を育てるという事です。

時代の速度についていけない社会

話し相手が4センチ×7センチの画面になり

コミュニケーション力の低下がコミュニティの崩壊を生み出しています。

そして、コミュニティの崩壊が孤立や孤独を生み出す

これからの十年が未来の姿を決めるという声も聞こえてきます。

昔この国にあったお互いさまの心

支え合い助け合った時代

豊かで便利になって得たもの以上に

失ったり、どこかに置き忘れたもののほうが多い気がします。

今一度、社会は自分と、自分以外の人両方で成り立っている事を考える時かもしれません。

どこから始めればいいのか分からないほど複雑な世の中だけど

先ずは身の回りの視界に入ることからです。

階段を一段ずつ登るように

将棋の駒を一つ進めるように

出来ることに取り組みたいものです。

久しぶりの流星雨の記事でした。

DFAB136B-DE81-4835-B746-8E77937D3947

二週間ほど前に始まった昼のドラマ

その中で進む物語   道

録画して、時間のある時に見ています。

一年間続くのかな。

毎日のように投げかける人生のテーマ

自分に照らし合わせて考えています。

世代交代、人生回帰、幼少時の記憶

初恋の胸騒ぎ、選択、強い気持ち

視聴者にそんな問いかけをしていると感じます。

今後も楽しみです。

CB3FADA7-59AE-4D3D-A543-D61721377096

テレビは人生の道

写真は実際の道沿いに咲いていたものです。

今日送っていただきました。

ありがとうございます。

季節を彩る花達は本当に鮮明に咲き誇ります。

自然の力は奇跡ですね。

DEC25735-2363-4217-A9F0-0C386CB02AF8

さて、あなたはこれからどんな道を歩いて行きますか。

真っ直ぐなのか、曲りくねった道なのか。

アスファルトのような綺麗な道なのか、昔のような未舗装のデコボコ道なのか。

分からないから楽しみなんですね。

いずれにせよ、人生にバックギアは無い

前に進むのみですね。

そんなタイトルから連想したことを記事にしてみました。

ゴールデンウィーク

平成の終わりと令和の始まり

まだまだ賑やかな日々が続きそうです。

それぞれの道

穏やかな心地よい時間をお過ごしください。

春メンタル

9C2B419E-B73B-489F-A77C-4D947F699E6A

花々と同じようにメンタルも揺らぐ時期です。

キーワードはアップダウン

冬の寒さから春の陽気へ

卒業から新しい環境へ

衣替えや新しい出会い

春のメンタルはアップダウンを繰り返します。

それに対応しようと緊張感が持続し、気持ちがリラックスする機会を逃してしまう。

そんなことが春メンタルを不安定にする要因とも言われています。

それ以外にも、スマホやパソコンも睡眠の質を低下させているかもしれないですね。

さぁ、対応と対策と対処方法です。

いくつか挙げてみるので、出来そうなことだけでも意識してみてください。

先ずは、ノースマホDAYをつくる

スマホを見ない時間をつくるでもいいですね。

次に、人と話しをしない時間を確保する。

更に、暖かいお風呂に浸かる。

そして、早寝と朝日起き。

その全ては副交感神経へのアプローチになります。

緊張感の反対側にあるリラックス行動がメンタルのバランスを構築してくれると考えます。

何より一番大事なのは

心持ちですね。

社会は生き物です。生きている以上、いろんなことに出くわします。

「そんなこともあるよ」

こんな心のスタンスがバランスを保つことになりそうです。

今日は春メンタルの記事を書いてみました。

では、一週間の始まりです。

ひと頑張りしますか。

本当の幸せの在り処

2610296A-E2EC-4AE2-90E0-5719D332AD47

幸福論、幸せの定義

それは人それぞれだけど

しかし、その全てに共通する本当の幸せは自分に一番近いところにあるのではと考えます。

近すぎて見えないもの

当たり前すぎて気付かないこと

本当の幸せはいつもあなたの隣を歩いています。

日常の暮らしの中にある幸せ

例えばそれは、あなたに電話をかけてくる家族や友達

例えばそれは、出来立てのご飯に添える漬け物

例えばそれは、雨の日や雲一つない青空

例えばそれは、悲しみや喜びの涙

その全ては日常の当たり前

そんな人がいる、そんな食べものを添える、そんな日に出会える、そんな感情を持っている

どうやらそれを見つけた人は本当の幸せに気付き始めているのかもしれません。

本当の幸せの在り処(ありか)

それはいつも手の届くところにありそうです。

頭と心と体

頭は考えようとする

体は動こうとする

ならば、心は感じようとするものなんですね。

本当の幸せはその分野になりそうです。

少しその在り処が分かるような気がします。

今日はそんな記事を書いてみました。

明日からの週末を有意義にお過ごし下さい。

心の誕生日

6FCC8CF8-996B-41A0-803D-7FB9102904CF

生まれた日が誕生日なら

生まれてきた意味に気付いた時

それが   心の誕生日

自己愛と自己防衛本能が自分の利益を優先する

それは仕方のないこと

しかし、人は産まれた瞬間から多くの人に力を借りているんですね。

母親に父親、看護師さんに助産師さん

他にも様々な人の手助けを受けて成長します。

自分だけでは何事も成立しないことに気付いた時

相手を思いやる事の大切さを理解します。

それはつまり、自分だけではなく相手だけでもない

お互い様という心かもしれません。

愛、命、運、縁、恩

なんとなくこんな文字が浮かびました。

愛情を忘れずに

命を大切に

運に流れを任せて

縁に感謝する

そして、恩を返す

それが心のあいうえお

生まれてきた意味のヒントはそんなところにありそうです。

この、なんとなく、のスタンスにこそ本当があるのかもしれないですね。

久しぶりに書いたカテゴリー流星雨の記事

ゆっくりと週末をお過ごしください。