you more~もっとあなたに

IMG_3965

you more もっとあなたに

伝えたい事がいっぱいあります。

それは、人の心と自然の優しさ

そして、ユーモアと言う笑顔です。

失いかける心と身体のバランス

それを弾き飛ばす力をも持つ 笑顔 と DAIJYOBU という言葉。

もし、心が苦しく、辛い時

あなたの一番大切な人の顔を思い浮かべてください。

きっと笑顔を配達してくれるはずです。

あなたはその笑顔を守る為に、また前へ進もうと歩き出す。

心の時代だからこそ掛け合う言葉

大丈夫。大丈夫。

you more

趣くこころはそんな言葉を贈ります。

あなたの心が穏やかに健康でありますように。

そして、あなたがあなたらしくありますように。

話す時にも句読点を。

IMG_3944

あまり見かけない色なのかな。

濃紅色の紫陽花

薄淡色の印象が強いせいですかね。

でもとても綺麗です。

今日のテーマは「話す時にも句読点を」意識してみませんか。

メールなどの文章には必要になる句読点(くとうてん)

途中の行間をテンで空けて読みやすくする。

最後にマルを置いてきちんと言葉を切る。

そんな気配りが相手に与える印象を格段に良くして行きます。文章が優しく感じるんですね。

私の場合は文法上必要のない場所にまで、テンを打ちます。

そのほうが読みやすと考えるからです。

文章の性格上、句読点がないほうが良い時もたくさんありますが。

出来ることなら、会話している時もテンやマルを置きたいですね。

自分が早口だと思っている人は特に意識したいものです。

ゆっくり喋ることが、相手にきちんと伝わることに繋がります。

これは簡単なようでなかなか出来ないことでもあります。

だから、出来る範囲でいいと考えます。

こうして見ても、私の記事はマルだらけですね。

いずれにせよ、もし会話に間合いを入れることが出来れば、相手はとても聞きやすいのではないでしょうか。

必要以上にこだわることではないのですが、少し意識すると良い気がします。

こだわり過ぎると、文字が書けなくなったり、言葉が喋れなくなりますよね。

あなたに合ったやり方で構いません。

今日の趣く心はそんな内容にしてみました。

あなたの会話が楽しく弾みますように。

あなたがあなたらしくありますように。

ミッドライフ・クライシス

IMG_3921

ミッドライフ・クライシス

そんな言葉があります。

その意味は、人生の中年期に訪れる悩み事や考え事

自分はこのままで良いのだろうか、など、今の自分を見つめなおす行動です。

それと同じような事が老年期にも訪れるともいいます。

思春期を過ぎたあと、がむしゃらに頑張る日々

ふと気が付くと、人生の半ば、そんな時に考えるんですね。

事の大小を問わず、誰しも経験する気がします。

そんな時に考えたいこと、それは、あなたは誰かに必要とされているという事です。

だからこれからも頑張れる

頑張れという言葉は自分に向かって言う言葉

でも日頃はリラックスで、いざというときに踏ん張ればいいですよね。

そんな気持ちの持ち方にクライシスを乗り切るヒントがありそうです。

世の中にはあなたを必要としている人が必ず居るはずです。

現状維持でも、何か新しい事にチャレンジしても、真剣な気持ちなら良いのではないでしょうか。

あなたには、あなたにしか出来ない事がありますから。

今日の趣く心はそんな記事にしてみました。

あなたの心が一歩、前へ進みますように。

そして、あなたがあなたらしくありますように。

クリスタル

IMG_3924

その姿はまるで、クリスタル(結晶)のように見えます。

散りばめたダイヤモンドにも見えますね。

自然が織り成す奇跡

その色合いも綺麗ですね。

もっともっと自然に目を向ける、それは心に潤いを与えてくれます。

絞れば水滴がこぼれ落ちる程の心

人間味とはそんな事のような気がします。

起きた事柄に不満を言うのではなく、どうすれば良い方向に向かうかを考える

それは、降りだした雨を嘆く(なげく)のではなく、目の前にある傘をさせばいい

前向きとはそんなことなんですね。

時間が前へしか進まない以上、気持ちも前へ進めたいものです。

時には、写真の花のように

心の輝きを探したいですね。

趣く心は、そんな記事を綴ってみました。

あなたの心が前を向きますように。

そして、あなたがあなたらしくありますように。

心の趣(おもむき)

FullSizeRender

そのものが感じさせる風情

しみじみとした味わい

そんな意味合いを持つ言葉

趣(おもむき)

Re start 

二年目突入の今日、雨傘塾オープンサイトは再起動します。

五十二日間のシステムと環境の整理、そして原点回帰の為の休息

新しいカテゴリー「心の趣」の始まりです。

心のおもむくままに

その時、感じたことを綴って行きたいと思います。

当面、不定期のアップになりますが、ご理解願います。

心の趣、最初の記事は、「時の逆算〜今が変わる」からです。

度々、記事にした十年後の姿

遠すぎてなかなかピンと来ないと思います。

それでも、少しでも、その時の自分の年齢や社会の姿を考えてみませんか。

今、何をするべきか、何を準備するべきか、少し見えてきます。

それぞれ、慌ただしい日々であるのは百も承知で言います。

十年後に困惑することの無いように、今から少しずつ少しずつ考えて行きませんか。

時間の逆算は今を大事にしてくれます。

出来る範囲で構わないと考えます。

そんな記事で始まる「心の趣」

あなたに再びお会い出来たことに感謝します。