上弦の月

写真-1

新月から満月になる途中の半月を 上弦の月 といいます。

満月から新月になる途中の半月を 下弦の月 といいます。

引力の変化が人間に与える影響も少なからずあるようです。

弦月の時はリラックスできるとも言われています。

私達はやはり自然界の中で生活をしているんですね。

たまには、月を見るのもいいのでは。

なるほど そうだね

IMG_3227

魔法の言葉、なるほど と そうだね

相手が何かを言った時、この言葉を使ってみてください。

その会話はさらに弾んでいきます。

それは、相手を肯定する言葉だからです。

仕事やプライベートで多くの人と会うのですが、時々、この言葉を自然に何度も発している人と出会います。

そんな時はすごく心地よい気分にさせられます。

対句語、反対の意味の言葉を考えてみた。なるほど に対しては、そんな事ないよ かな?

そうだね に対しては、違うよ

あなたが話しかけた時、なるほど、そうだね と言われるのと

そんな事ないよ、違うよ と言われるのはどちらがいいですか。

もちろん会話の内容やシーンにもよるのですが。

言葉には日常の習慣や考え方が出てくると言われるが

あなたはどちらの言葉を自然に発してますか。

出来る事なら、相手を肯定するほうの言葉を多く使いたいものですね。

古事記

写真-1

宿泊先のホテルに置いてたので読んでみました。

やはり、この種の本は一般的な書物と比較にならない位読みづらいです。

でも、1300年前に書かれたといわれる古事記を改めて読んで思った事

日本には数多くの神様が存在します。

日本という国がどのようにして出来たか

これは、事実なのか、物語なのか、神話なのか

間違いなく言えるのは、読み終えた時、相当疲れてたけど

この国に古事記があって良かったと思いました。

先進国であるこの国は古くからある国なんですね。

1964

IMG_2836

1964年10月10日 のちに体育の日となったこの日、東京オリンピックが開かれました。

今から49年前のこの時、何をしていましたか?

実は私の生まれる一年前なんです。私は自己紹介の時に、東京オリンピックの翌年に生まれました、とよく言ってました。

2020年、オリンピックの開催地が再び東京に決まった時、2021年に生まれる子供達も将来自己紹介をする時に私と同じように 東京オリンピックの翌年に生まれました と言うんだろうなと思った時

時代はこうして繰り返して行くものと感じました。

7年後の2020年、どんな未来がそこにあるんでしょうね。

ZONE (ゾーン)

IMG_3049

通常、地帯、区域などと訳される単語 ZONE

今回は、あえて 個のエリア と表現してみます。

人にはそれぞれ、その人にしか見えないものがあります。以前このHPにアヒルというテーマで雲の写真を載せた事があります。

その雲の写真を見て、ある人はアヒルに見えて、又ある人は犬に見えるなど、同じものを見てもその人によって全く違うものに見えるんですね。

それこそが、その人のみが持つ 個のエリア ZONE なのです。

人にはそれぞれ個性があり、その個性を否定する権利など誰にもないのです。

それを、無理やり合わせさせるのが、押し付けであり

なるべく合わせていこうというのが協調性なのです。

コミュニケーション社会の中で協調性は大事です。

しかしそれは ZONE の前提に成り立っている事を忘れてはならないと思います。

あなたには、あなたにしか見えない ZONE があります。

それで良いのだと思います。