雨傘理論とは

写真-2

雨が降ったら傘をさす、この言葉の中には多くのキーワードが隠されています。全ての物事に於いて、最も良い結果を得るには、当たり前の事を当たり前に行えば良いのだと。企業はお客様が居て成り立ち、教育は学ぶ者が居て成り立ち、地域社会はそこに住む者が居て成り立つのです。しかし、昨今は自己利益が優先され、大切なものが見えにくくなっているのです。その結果、当たり前が当たる前でなくなっているのが現状です。雨傘理論はその全てが同じメカニズムによるものであると解析し、とある一つの理論が日常生活で起こる全ての事に対応できると確信した。その方法論こそが雨傘理論なのです。