Signal(シグナル)

サインという場合もあります。

心と身体はいつも何かのシグナルをおくります。

不調の時や不全を起こしている場合、そのシグナルは確認できます。

見落としのないようにしなければなりません。

例えば、内蔵に不全が生じた場合、頭痛を感じたりします。

頭痛薬はそのシグナルを消すだけで、内蔵の改善はしていません。

例えば、心が疲れている時は身体のだるさを感じたりします。

ビタミン剤は身体の疲れを少し回復させるだけで、心の疲れはとれていないんですね。

シグナルを感じたら発信源を探す、そんなイメージです。

我慢は美徳、それは古き時代の産物ですよ。

改善してこその充実です。

あなたは今、何かのシグナルを受け取っていませんか。

出されたサインを見落としていませんか。

今日はそんな事を考えました。