quality(クオリティー)

写真

品質、上質、など質の良いことを意味する言葉

quality(クオリティー)

やはり大切なのは量ではなく質なのかもしれません。

日常生活の多くのシーンで感じることです。

大きかったり、多かったり、目一杯だったり、それは同時に質の低下を招くリスクでもあります。

以前にも記事にしましたが、例えば、過密スケジュールは個々の内容がおろそかになりがちです。

例えば、食べ物でも大きいサイズが大味だったりする。

例えば、クローゼットに詰め過ぎた服は通気性を低下させるなど。

適量 という言葉もあるように、クオリティーを保つにはバランス感覚も必要になります。

ちょっとした質の意識は全体の質を向上させるんですね。

多くの企業がQC(Quality Control) クオリティーコントロール、いわゆる品質管理に意識を高め始めたのは今から数十年前からです。

日常生活のクオリティーを高める為にも、適量を意識したいですね。

今日で7月も終わり、明日から8月

節目は何かを変えるきっかけになりますよね。

今日はそんな事を考えました。

あなたはどう思いますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。