DIY(ディー・アイ・ワイ)

写真-2

Do It Yourself (ドゥ イット ユアセルフ)

その頭文字をとって DIY

自身で作る の意味をもちます。

社会生活の中で、とても大事な気持ちの分野でもあります。

依存比率を少し低くして自分でやってみる

日曜大工などをイメージするとわかりやすいですかね。

インターネットの弊害にも関連づきそうです。何かをネットで調べる、それはスピーディーに答えを導くかわりに、そのプロセスでの発見や楽しみを失います。

何かを国語辞典で調べようとする時にページをめくる途中で違う言葉を見つけて、「へ〜そうなんだぁ」と思うような事がないというイメージです。

受け身の生活ではなくて、自ら進んでという気持ちを作る

これからの時代に求められることのような気がします。

競争社会の中では、待っていたら置いて行かれる そんな感じですね。

DIY

それは大きなヒントを示している言葉

自分で出来ることは自分で済ませる、それは無駄を省く事にもなり、エコにも繋がります。

昔、当たり前のようにあった、日曜大工は理にかなっていたんですね。

その行動が今、精神的な意味合いを持つ時代に入っているということですね。

今日はそんな事を考えました。

あなたも日常の中で、今より少し、DIYをしませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。