龍馬の視線

写真

京都霊山護国神社

坂本龍馬と中岡慎太郎が眠る場所

久しぶりに立ち寄って手を合わせてきました。

写真

写真はお墓から見える景色です。

生命をかけて、この国を良くしようと奔走した龍馬はこの景色をどのように見ているのだろうか。

長崎平和公園に訪れた修学旅行生が、語り部の被爆者に対して言った言葉

その言動をそこで見ていた先生も抗議を受けた学校も、まともに対応しない現状

やはり、どこかで何かが間違ってしまっている気がします。

そんな国にする為に生命をかけたのではないのです。

道徳、マナー、エチケット、人としての最低限の事すら成立していないシーンが多すぎるように思います。

未来の私達の国が思いやりであふれるようになってほしいものです。

今日はそんな事を考えました。

あなたはどう思いますか。