黎明期(れいめいき)

写真-3

夜明けにあたる時期、明け方、新しい文化や時代の幕開けなどを意味する言葉

黎明期(れいめいき)

時代も、国も個人もそんな時期に差し掛かっているのかもしれません。

故きを温ねて新しきを知る

先人の道筋は大事にしつつ、それを基に新しいものを作っていく。

そんな意味の言葉が、時代の速度について行かない気もするほど、日々、大きな変化が起こっている、そんな世の中のような気がします。

まさにその速度は、新しきを温ねて新しきを知る そんな感じですね。

アップルのアイホン6はその象徴かもしれませんね。

いずれにせよ、何か新しい試みや行動が必要になっています。

今までそうだから、これは通用しない言葉になりそうですね。

知恵や工夫が日常生活に必要になりそうですね。そういう意味では何も無かった随分昔の時代に戻る感じもします。

もしかすると新しい事は、姿を変えた古い事なのかもしれません。

時代が回るとは、そんな意味なんですかね。

いろんな意味で厳しい時代が来る中で、穏やかな日々を過ごすためには、今までとは違う視点が必要になりそうですね。

今日はそんな事を考えました。

あなたはどう思いますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。