韻律(いんりつ)〜言葉の音

写真

言語のもつ音階やリズム

そんな意味と理解して良いと思われる 韻律(いんりつ)という言葉

同じ言葉でも語尾を上げる時と、語尾を下げる時とでは意味合いが異なってきます。

言葉の音

世界の言語の中で、日本語が美しく聞こえる一つの理由でもありそうですね。

「どうも」、英語に訳せないこの言葉に日本語の全てが隠されている気もします。

私達が日常的に使っている言葉を音の観点から見てみるのも楽しいですね。

「あいうえお」を音階にすると何になるんでしょうね。

絶対音感を持っている人かピアノが引ける人に聞くとわかるのかな。

素人ながらにイメージしてみると

「ファ、ソ、ラ、ファ、ソ」かなぁ。あいうえお、に聞こえますか。

こうやって楽しく母国語を学べるといいですよね。

今日は「鍵盤の日」、88鍵あるピアノから付けられたそうです。

そんな日にちなんで、言葉の音を探してみました。

楽しんでもらえましたか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。