鍵と扉

IMG_1945

行動の先にある唯一のもの

それが結果なんですね。

開き直りのような、勢いのような、よくわからないような。

行動する時はそんな感情が取り巻きます。

しかし、その時鍵は開く

一つの結果を得た瞬間です。

そのスパンは様々、短い時もあれば長い時もある

それがその事柄の持つタイミングなんですね。

さぁ、次は扉を開けないといけません。扉の向こうに何があるのか、それは開けてみないとわからないんですね。

と言うことは、慌てて開けてはいけない、慌てるとつまずいてしまいます。扉を開けるのにもタイミングがありそうですね。

前に進むとは、そんな事のような気がします。

やれる所まで、やってみる

そんな生き方がとても好きです。

世の中に開かない鍵は一つも無いと考えます。そして、開かない扉も無いと思います。

それは全て人が作った鍵と扉だからです。だから必ず人によって開けられるんですね。

これもメカニズムです。相対性のバランスなのです。

今日はそんな事を考えました。

あなたはどう思いますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。