躊躇う(ためらう)

写真-2

日常生活の中では 躊躇う(ためらう)ことばかりですね。

相手を思うがゆえにためらったり、自信が無くてためらったり、結果が怖くてためらったりと、そんな事がとても多い気がします。

しかし、その結果はというと、現状変わらず、もしくは悪化するような事も多いはずです。

これもメカニズムですね。

やはり、躊躇う(ためらう)ことはなるべく少ないほうが良い結果を手にします。

当たって砕けろ そんなイメージがためらいを少なくしそうですね。

遠慮がちな国民性と地域性、それが元気までもを奪っていく気がします。

これからの時代、少子化や空洞化が激しくなると、生産性が落ち込み、国全体の元気がなくなります。

トップダウンでは無く、個人の集合体が国を作っている感覚が必要ですね。

あくまでもルールのもとにですが。

いずれにせよ、言動にためらいが少なくなるように意識していきたいものですね。

日常生活を元気に過ごす、それが今求められている気がします。

今日はそんな事を考えました。

あなたはどう思いますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。