苦くて、甘い 〜希望の茶〜

IMG_3139

昨日、福岡発の地域ドラマ 苦くて、甘い 〜希望の茶〜 がNHKで放送されました。

ドラマを見て色々な事を考えました。

災害が起きた地域の住民とボランティアの関係性や、もう一度立ち直ろうとする被災地の思い、何より、人と人が繋がるという事がどれほど大切であるかという事。

福岡県星野村を舞台に色々なメッセージが贈られたドラマでした。知り合いの方に実際に案内してもらった場所の映像を見るとその思いは感慨深いものでした。

人は先ず自分の事を優先に考え、何かをきっかけにいつの間にか相手の事を考え始める。そんな心の動きを垣間見た気がします。

人の心にある様々な思いが混ざり合う事を 心模様 と言うが、まさにその模様が移り変わっていくヒューマン・ドラマでした。

映画も本もドラマも、良い物に出会うと心が濯われた気持ちになりますね。