花を見て美しいと思う心

IMG_1179

先日の日向セミナーで、こんな話しをしてみました。

年齢、性別に関係なく、花を見て美しい と思える人のほうが、花を踏みつけて歩く人より、いいと思いませんか。

「そのほうがいい」全員一致の結論でしたね。

日本中を旅する人が共通して感じること、それはこの国は花の国だと。

それぞれの季節にそれぞれの地域に花はいつも人々のそばに咲いている、そんな光景を目にするんですね。

立ち止まる勇気、素通りさせずに、見て楽しんで、そんな心のゆとりが必要だといつも思います。

時代のスピードが早過ぎるんですね、技術の速度もついて行けないくらいです。

そんな社会だからこそ、花を見る為に立ち止まる

それがバランスを保つ事に繋がる気がします。

「それどころじゃない」、「花を見ても飯が食えない」、「そんな余裕が無い」、「それは綺麗事だ」、「理想はそうだけど」そんな声も聞こえてきそうですね。

今はそうかもしれないけれど、いつかそんな時間が訪れるといいですよね。

今日はそんな事を考えました。

あなたはどう思いますか。

2件のコメント

  • h-rei

    寒くなり肩をすぼめて歩く今日このごろ
    足早に家路を急ぐ、マイカー通勤の私。
    何度も追突事故の処理中にでくわして、自分でなくて良かったと、胸なで下ろしてます。
    毎日時間に追われ、何故?と問う自分がいます。
    先日セミナーの帰り、双子座流星群を、見ることできました。
    運転中でしたが、目が釘付け!笑笑
    まだ夕方の陽射しのある時間でしたが、あちこち光ってました。
    事故の心配…
    流星群を見れた中にほっかりした心地よさ、コレこそゆとり!
    なんて思ったひとときでした。

    • sasakieimei

      コメントありがとうございます。慌ただしさが事故に繋がっているのかもしれませんね。
      車社会ゆえに事故はつきものですが、気を付けたいものです。
      流星群も綺麗だったんでしょうね。大量に降り注ぐ姿を流星雨と言うんですね。ちなみに私は双子座です。笑
      あまり関係ないないですが。自然の何かが癒やしをくれる、有り難いことですね。
      コメントありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。