社交辞令を考える

付き合いを上手く進める為の褒め言葉など。

そんな意味をもつ言葉 社交辞令

やはり必要なんですね。コミュニケーション社会である以上、なくてはならないのかもしれません。

しかし、本当は上辺の挨拶ではなく心からの付き合いがいいですね。

なんとなくそんな気がします。どうにも、とりあえず出す年賀状と同じような感じです。それは、とりあえず見る年賀状になるんですけどね。

本音と建前、社会生活はバランスが必要と考えます。

どちらかしか無かったらバランスがとれないので、やはり両方必要なんですね。

そういう私は最近、あまり社交辞令を言ってない気がします。

意外と深いテーマなのかもしれませんね。いつか掘り下げてみようと思います。

今日はそんな事を考えました。