知識と知恵

FullSizeRender

学んで吸収して増やしていく知識

その知識を活用して考えて発想していく知恵

どちらもないと成立しないが、いくら知識を得ようとそれを何かに使わないと意味をなさないと考えます。

日本人は昔から知恵を絞り工夫を重ねて形にしてきた優秀な民族であり、その痕跡は今でも残ります。

弥生時代の竪穴式住居は穴を掘り住居を低くする事で材料が少なくて済んだ。

狭い国土で稲作と治水とろ過を同時に解決した棚田の構造。

近年では四方向全ての人が同時に渡ることの出来るスクランブル交差点。

どれも外国人が驚くものばかりです。

そんなDNAを引き継ぐ私達は日常生活に役に立つ小さな知恵を絞る事が大切なのでは。