滴り(したたり)積もりて淵(ふち)となる

写真

わずかなものでも多く集まれば大きなものとなる

そんな意味の言葉

滴り(したたり)積もりて淵(ふち)となる

これは全てのメカニズムと考えます。

どんな大河も始まりは一滴の水の粒からなんですね。

しかし社会生活では、その粒が集まらずに何も出来ない事もあります。

その多くは 諦め なんですね。

志(こころざし)のある政治家が一人頑張っても結果を手に出来ない、その結果長いものに巻かれてしまう、そんな感じですね。

諦めが活力を低下させて、なんとなく時間だけが過ぎていく、そんなシーンをよく目にします。

私達の国が、豊かになったが故(ゆえ)に忘れたもの

それは 熱い気持ち かもしれません。

熱く語る、真剣な眼差し、エネルギッシュ、そんな人を冷めた目で見る人達が増えている気がします。

貫く気持ち、諦めないということ、どうしても譲れないものがある、信念など、こんな時代だからこそ必要ではないでしょうか。

出来ることなら、熱い気持ちを持ち続ける人生を歩みたいものです。

今日はそんな事を考えました。

あなたはどう思いますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。