涙のセミナー

IMG_3182

最近、都会の片隅で涙を流す為のセミナーがあると聞きます。

日常生活で泣く事がない為、お金を支払い泣くのだというのです。

この話しを聞いた時に思い出した事があります。

一定以上の世代の方は記憶があるであろう、自動販売機でお茶や水が売りだされた時の事を。

それまで、水やお茶を買うという発想も習慣もなかった時代に突然ジュースやコーヒーと同じようにお金を出して買わなければならなくなりました。

その時の驚きに似たような感覚を覚えました。

医学的には、泣くとストレスが解消されるような話しを聞くが、出来る事なら涙は日常生活で流して欲しいものです。

喜びの涙や、感動の涙など感情表現の大切な要素です。

もし、人が感情を失うと、世の中全体が無表情になり、未来を失うような気がします。

時代がいくら変わろうとも、感情を置き忘れてはならないと思います。

あなたはどう思いますか。