森の向こう側

写真-2

生い茂る木々の中、方位が分からず、迷い込む時があります。

そんな時は、どこから風が吹いてくるか感じてみる。

南風、北風、それは出口に導いてくれる案内人

あなたは今、自分に吹いている風を感じていますか。

森を抜けた向こう側にあるのは明るい光の安堵感です。

最近聞く話しの多くは、まるで森の中で迷い彷徨うが如くのようです。

日常生活はどうしたら良いのか分からない事ばかりなんですね。

様々な考え方や思惑、駆け引きや、しがらみ、意地やプライドが交差する社会

人と人のコミュニケーションはそのくらい難しいものなのです。

そんな時は自然の流れに身を任せてみてはどうでしょうか。

力を加えず、流れに逆らわず、そんなイメージです。

実はそれが出口を見つける一番の方法かもしれません。

そして出口が確認出来たら突き進むのみです。

森には必ず入り口と出口があるんですね。

今日は最近多く聞く話しからそんな事を考えました。

あなたはどう思いますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。