木漏れ日は希望の光

IMG_2995

写真のその光は、希望の光のように見えます。

木々の間に差し込む光は、その角度で見えたり見えなかったりします。

希望の光を探す時は、見る角度を変えないといけないんですね。

言えることは、どこかに必ず光があるということ。

写真がそれを教えてくれています。

年度替わりのこの時期、環境の変化に適応出来ないことがあります。

そんな時は見る角度を変える、すると何かが見えてきます。

これは自然の摂理なんですね。

人間も自然の一部である以上、そう考えるのがいいのかもしれません。

日々起きる出来事に対応するために

柔軟なスタンスを持っていたいものですね。

それが希望の光を見つける方法です。

今日はそんな事を考えました。

あなたはどう思いますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。