心の目

写真-1

京都、龍安寺の枯山水(水のない庭)、世界遺産でもあるこの庭には大小15個の石があります。

しかし、どこから見ても14個にしか見えない配置になっていると言います。

肉眼で見えないもう一つの石は心眼(心の目)で見なさいと教えているらしい。

世の中には目では見えないものが多々存在します。

例えば、電波、空気、そして人の心など。

人と向き合う時にはその心眼が必要なのかもしれません。

相手の表情がさえないように見えた時は、「何かあったのかな」とか

相手の反応が悪い時は「疲れてるのかな」など

相手の見えない部分を見る想像力は、時に気配りや思いやりの行動につながります。

視界には映らないものを想像という心の目に映せればいいですね。

あなたはどう思いますか。