心の分かれ道 エピソード②

営業マンのAさんは、お得意先のB社長と昼食をする為、12時に待ち合わせをしていました。しかし、予期せぬ交通渋滞に巻き込まれ到着時間が30分ほど遅れそうなのだ。

AさんはB社長に連絡をしようと携帯電話を探すが、どうやら、会社に忘れたようだ。

「どうしよう、連絡が出来ない。これでは、B社長を怒らせてしまう。」

この時の時刻は11時30分を少し回った頃だった。

Aさんはこの瞬間からいろんな事が頭をよぎり、ストレス状態へ突入したのだ。もともと、胃腸の弱いAさんは胃が痛くなり始めました。

ラジオの声が虚しくきこえだした。

この時の時刻は11時58分だ。

刻々と近づく待ち合わせ時間、しばらく続く交通渋滞、携帯を忘れた為連絡ができないAさんは更なる胃痛に襲われるのだった。

あなたもこんな経験ありませんか?

感の良い方はもうお気づきですね。

Aさんは、この時点ではまだ過度な心配はしなくて良いことに。この時点ではまだ待ち合わせ時間の2分前であり、たとえ先にB社長がついてても、B社長はまだ何も思ってもないのです。

そうです、Aさんがストレスを感じ始めるのは、あと二分後からで良いのです。

このように、冷静な気持ちで考えることが出来ればB社長に与える迷惑を最小限にとどめる良い案が浮かぶものです。