心のメモリーカード

IMG_1493

蓄積されたデータ容量

メモリーカード(補助記憶装置)

メモリーカードなら、幾つもの方法で対応できます。

しかし、心のメモリーカードはそう簡単ではないですよね。

それは記入されているのではなく、刻まれているからです。

いつも心の中で思っている事や、忘れようのない印象的な事

これらは、永遠に残る心のデータなのです。

しかし忘れてはならない事は、あくまでも、補助であること。

機械には絶対に出来ない作業、それはその記憶自体を良いものに変えてしまう事です。

あの時があったから今がある そんなふうに考える事の出来る人の心

そう、消去ではなく消化なんですね。

これまでの事、これからの事

本来、心のメモリーカードはそれを全て消化してくれる力を持っているのです。

まさしく無限の大容量です。だから溢れる事はないんですね。

今日はそんな事を考えました。

あなたはどう思いますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。