年輪

年を重ねるごとに増えていく年輪

木の樹齢を確認するために見る事があります。

人はどこに年輪を刻んでいくのだろうと考える。

それは決して、白髪とか、シワではありません。

落ち着き感や包容力でもない気もします。

おそらくそれは、我慢の数かもしれません。

社会生活で山ほどある我慢すること、子供の頃はそんな事に気づかずにいました。

しかし大人は様々な我慢のシーンに出くわします。

そんなシーンを乗り越える度に年輪を刻んでいくんですね。

それが協調性のある現実の社会生活なんですね。

あなたも多くの我慢をしいられていると思います。

そんな時に人は励まし合うのですね。

今日はそんな事を考えました。