奇しくも(くしくも)

写真 1

今日10月3日は語呂合わせの、登山の日です。

突然の御嶽山噴火で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

そしてご冥福をお祈りします。

奇しくも登山の日を迎え今尚、行方不明の方々もいるようです。一刻もはやく救出される事を祈ります。

山を愛する人にとっては悲しい出来事だと思います。

しかし、登山する方々は、これからも山に登る事でしょう。

過去に一度だけ私も登山を経験しました。標高1700メートルです。

その時の険しい道程(みちのり)、しかし諦めずに頂きに立った時の爽快感は今でも鮮明に覚えています。

それはまるで人生の縮図のような気がします。それ以外にも多くの魅力がある登山。

今回の出来事を教訓にして、予兆なき噴火に備えていかなければなりません。

日本には登りたくなる山がいっぱいありますよね。

理由は一つ、「そこに山があるから」

そんな登山愛好家の方々に僭越(せんえつ)ながらエールを贈りたいと思います。

山を愛する姿はとても美しく、かっこいいと思います。

これからも安全に十分配慮して山に登ってください。

今日はそんな記事を書いてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。