和を以て貴しとなす

和を以て貴しとなす(わをもってとうとしとなす)

聖徳太子の十七条憲法の最初に出てくるこの言葉

人々は仲良く調和していくことが大事だという意味です。

あなたの言い分と相手の言い分、両方を聞き、正しい事と誤りの事を互いに認め合う行動が望ましい。

故事ことわざから学ぶ事は多いですね。

世界中がこの姿勢で物事に取り組む事が出来ればどんなにいいだろうと思います。

せめて、自分の周りはそうしたいと思います。

話し合い助け合う、そんな感じですね。

綺麗事と言われそうですがあえて、綺麗な事を言い続けたいと思います。

本当の気持ちですから。

今日はそんな事を考えました。

あなたはどう思いますか。