午後五時のふるさと

IMG_0223

夕方の時間、とある町を通りがかっていると、小学校の近くから聞こえてきた唱歌「ふるさと」のメロディ

それは、その地域の午後五時を告げる音楽だったのです。

なんとも言えないそのメロディに、子供の頃、鐘の音やその地域独自の音楽が鳴ると、そろそろ家に帰らないと、そんな事を思い出させるシーンでした。

時間を知らせる曲に「ふるさと」を選んだ地域の方々の優しさを垣間見た気がします。

「忘れがたき故郷〜」と終わるこの歌は誰しも知っていますよね。

ちなみに二番は「おもひいづるふるさと〜」三番が「みずはきよきふるさと〜」です。

意外と忘れていませんか。

ふるさとの情景がとても良く表現させたいい曲ですよね。

たまたま聞こえてきた曲に多くの思いを巡らせました。

午後五時のふるさと

なんとなく癒やされる、心穏やかなひとときでした。

今日はそんなエピソードを書いてみました。

あなたも子供の頃、夕方の合図の音に家路を急いだことを覚えていますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。