人生はマラソン

FullSizeRender

昨日行われた別府大分毎日マラソンに遭遇しました。

写真はスタート直後の先頭グループの様子です。

人生をマラソンに例える事も多く、42.195キロの道のりには様々なドラマがあります。

元気余る10キロまで、少し苦しくなる20キロ付近、リズムに慣れてくる30キロ付近、苦しくて走るのを止めたくなる40キロ、最後は気持ちでゴールへ。

途中にある給水所はオアシスですね。誰かと一緒に走る、目標選手を決める、一人だけで走る。

過ぎゆく景色はどんどん変化して行きます。

まるで人生そのものですね。

言える事は、どんな苦しみも、最後にゴールした時に、それがあってこそと思える事です。

諦めない事が今までの人生に価値を与えてくれるんですね。

道半ばの時には気づかないことです。

マラソンから学ぶ事もたくさんありそうですね。

今日はそんな事を考えました。

あなたはどう思いますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。