一枚の絵

写真-4

先日立ち寄った個展で見た一枚の絵

立体感のある絵は繊細なタッチで描かれていました。

この絵を描いた人は何歳くらいのどんな人なんだろうと想像してみる。

一枚の絵から人物像をイメージする、美術館や個展などはそんな楽しみ方もあるのかもしれません。

想像力と創造力はとても大事な要素と考えています。

価値観の違いや、同じものを見ても違うものに見えるのはその働かせ方の違いなんですね。

そう考えると、身の回りは教材の宝庫です。

あなたの身の回りにも人生の教材はたくさんありますよ。

三月最初の記事は身近なヒントからスタートしてみました。