ピンチをチャンスに

ピンチをチャンスに、サラリーマン時代に教わったこの言葉

今でも実践しています。それどころか今ではピンチになるとワクワクして元気になる感じです。

逆に平穏な日々が続くと元気が無くなるという現象も起きます。

人間の感情は不思議ですね。

ただ言える事は、人は状況に応じてきちんと反応していると思うのです。

いかなる状況であろうと、それを克服しようと脳は勝手に働くのです。

思った通りの行動が、ほぼ的を射ているのはそんなメカニズムから来ているんですね。

出来る範囲でかまいません。

今日思った通りに行動してみませんか。

今日やろうと思った事を今日やってみませんか。

それが正しい判断のような気がします。