スパン

IMG_1006

もともと、人間の手の長さを基準にした単位 スパン

最近では、時間や期間などでよく使われます。

この言葉はとても大切で、物事を考える時に、なるべく大きなスパンで見る

そんなメッセージも含まれている気がします。

人はいつも近くや短い感覚で物事を計りがちになります。

一日ではなく、一週間、一ヶ月ではなく四半期

そんなふうに、スパンを長く見れば、日々の出来事に一喜一憂することなく、自然に振る舞えるのです。

出来る限り長いスパンで考える

少しずつそんな考えに慣れるようにしたほうがいいですね。

平均値、そんなものを取ると、見えてきます。

日々の上げ下げはほんの些細な事だという事が。

同じ事柄をどう捉えるかで、違うものになるんですね。

10年先を考えるのもその練習かもしれません。

今日はそんな事を考えました。

あなたはどんなスパンでものごとを考えますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。