いつの日か、いつか必ず

感動の涙のシーン

それを見ていた敗れた20歳の若者は思ったことだろう。

いつの日か自分も

勝者の涙は多くの笑顔と拍手の渦の中にありました。

まさしく人間模様、スポーツから学ぶ人間味

先日記事にしたマスターズトーナメントの最後のシーンから感じました。

いつの日か、いつか必ず

敗れし若者にエールを贈ります。

負けから学ぶ事は多く、その経験はいつの日か、いつか必ず自分に返事をしてくれる。

その時君は声援と拍手の中で右手を上げてゆっくり歩きながら涙し微笑む

その日が来ると信じて頑張ってください。

多くの感動をありがとうございました。