35年前の眼差し

IMG_5197

比叡山延暦寺

1200年以上灯され続けるロウソクの火

「不滅の法灯」があります。

今から35年前、修学旅行で見て以来の訪問でした。

何もわからなかった眼差しは、記憶だけを残して月日が流れました。

運良く、再訪の機会に恵まれて、その灯し火を見た時

時計の針は一気に15歳の自分に会わせてくれました。

あの時より、少し成長した心は

今尚、灯し続けることの意味がほんの少しだけ分かる気がします。

大切なものを守ること

継続するということ

これからも続けるということ

信じること

根本中堂の灯りは、そんなことを思わせるのかもしれません。

また一つ、気がかり が消化出来た瞬間でした。

それがまた、新たな一歩を与えてくれそうです。

趣く心はそんなことを書いてみました。

あなたが心の思い出と出会いますように。

そんなあなたが今日もあなたらしくありますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。