誰(た)そ彼(かれ)は

IMG_5849

本来、西の空が赤く染まる 黄昏(たそがれ)時

誰(た)そ彼(かれ)は

少し暗くなる夕方の時間帯、人の見分けがつきにくくなる

誰だ、彼は

そんな語源とも言います。

随分、陽が落ちるのが早くなりましたね。

今日は、アメリカ出身の日本文学者 ドナルド・キーンさんの言葉を紹介します。

それは、戦時中の日本兵の日記を見つけた時のこと

「13粒の豆を7人で分け、ささやかに正月を祝う」

そんな文字を見つけました。

誰かが一粒しか食べれなかったはずだ、そんな想像をした時

心が震えたと言います。

それから数十年、日本の歴史や文化、文学を研究して出した答え

「伝統が流れている、続いている、それが日本の一番の魅力」だと。

そして、日本文学は世界に広めるべきだと。

多くの日本文学に出てくる黄昏の風景

その景色は今も変わらず存在してるんですね。

趣く心はそんなことを書いてみました。

あなたの記憶に残る故郷の美しい夕焼けの風景もありますよね。

そんなあなたが今日もあなたらしくありますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。