生命の理由

IMG_2878

写真は長崎爆心地近くにある山王神社の鳥居です。

1945年8月9日午前11時2分

その鳥居の半分が吹き飛び、残った半分は今なお立ち続けています。

FullSizeRender のコピー

その奥には胴回り、8,63メートルと6,58メートルの被曝クスノキがそびえ立ちます。

福山雅治さんが歌う「クスノキ」はこの木の事なんですね。

沖縄慰霊の日の今日

戦後70年目の生命を考える日

地球上のどんなものより重く大切な尊い生命

それが、様々な身勝手な理由で今尚、失われて行ってます。

国や地域の紛争や、理性なき犯罪、会社でも学校でもなくならないイジメ

生まれた生命には生きる権利があります。

それを、力で妨害する人間の心の愚かさ

今日はそんな事を考える日です。

生命の理由

それは、苦しくて楽しい、嬉しくて悲しい、怒ったり笑ったり、食べたり寝たり、思い悩んだり、運動したり、思いやったり助けあったり

何より、植物に動物に、そして人に、全ての生命に出会う喜びなんですね。

自分の生活から遠い所で起きた出来事

自分が生まれる前に起きた出来事

それは、いつ自分の近くで起きるかもしれない出来事でもあります。

何も出来ないかもしれないけど、祈ることは出来ると思います。

だから時々でも、生命について考える

そんな事が大切な気がします。

趣く心はそんな記事を書いてみました。

生命を大切にする平和な地球になりますように。

そして、笑顔のあなたが、今日もあなたらしくありますように。

2件のコメント

  • 名無しの権子

    まったく同感です。 世界で原爆を浴びた国は日本だけです。 複雑な気持ちを
    持ってますが、このことは決して忘れてはならないと思います。

    • sasakieimei

      コメントありがとうございます。そう思う人々が多くなることで、いつの日か本当の平和が訪れる事を願います。
      大切な事を忘れない、そんな暑い夏になりそうですね。またのコメントをお待ちしております。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。