雨催詩(あめし を もよおす)

写真

雨催詩あめしもよおす

雨を見ながら、木々や緑に潤う様子を見て、詩を詠みたくなること

そんな意味をもちます。

雨がいろんな情景を思い浮かべさせるんですね。

前線や梅雨など、雨と共に歴史を刻んできた私達の国

それが故に、情緒豊かな感性が育てられ、綺麗な詩がたくさんあるんですね。

雨好きの私にはとても心地よく聞こえる言葉です。

そこで一句

「忘れ置き 優しき母の 蛇の目傘」

傘を忘れて出かけてしまった私に学校まで届けてくれた優しい母親をイメージしてみました。

雨催詩

いい言葉ですね。

これ以上台風被害などが起きない事を願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。