松の内

FullSizeRender

一般的には、1月7日の七草粥まで、または、1月15日までと言われています。

松の内

正月飾りやしめ縄などの取り除くまでの間のことです。

おめでたいのもこの日で終わり、これからは平日モードで、そんな感じですね。

古くからの習わしは時代と共に姿を変えて行きます。

100年後も松の内という言葉が残っている事を願うばかりです。

ほとんど使う機会のない言葉の一つですね。

今の小学生達がLINEで、「松が取れる頃ゲームして遊ぼう」という言葉を送ると面白い気もします。

昔言葉と今言葉、それは時に、新しい言葉になりそうですね。

伝統文化を残す一つの方法かもしれません。

今年は七草粥を食べてみたい気もします。

もう少し、松が続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。