後の月(のちのつき)

写真-4

明日が 十三夜 ですね。

十五夜のあとに訪れる名月、後の月と呼ばれています。

今年は閏年(うるうどし)の調整期になり、171年ぶりに 後の十三夜があります。

いわゆる、9月8日の十五夜、10月6日の十三夜、11月5日の後の十三夜

名月が三回も見れる貴重な年なんですね。

今世紀にはもう見れないという後の十三夜もみておきたいですね。

台風や低気圧の影響で雲がかかりそうですが。

そう考えると、さらに貴重な月見ですよね。

見たら何かが変わるのではなく、見てみようかなと思う気持ちが何かを変えるんですね。

明日綺麗な月が見えたら一句詠みたいですね。素人ですけど。

秋の風物詩の名月

見れるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。