待望の雲シリーズ

写真

久しぶりの雲行きます。

さて、何に見えますか。真ん中の大きい雲です。

何度も言いますが、何に見えてもいいんですよ。

決められてない自由

リラックスってそういう事なんですね。

ちなみに私にはぬいぐるみのような足の短い子犬がジャンプして骨にかぶりつく途中に見えます。

同じものを見ても違うものに見える、それが個々の感性なんですね。