初名草(はつなぐさ)

FullSizeRender

初名草(はつなぐさ)

梅の別名の一つです。

春の訪れを一番最初に教えてくれる梅

もうこんなに咲き始めました。

IMG_6673

メジロも枝から枝へ嬉しそうに飛び渡っていました。

また春が来ます。

季節を感じた時にいつも問いかける言葉それは

あなたにとって何回目の春ですか。

100回迎える人は少人数だと思います。

生涯でほんの数十回しか見ることが出来ないそれぞれの季節

それなら、その都度可能な限り、思う存分季節を感じていたいものです。

そこで、素人ながら久しぶりに一句詠みます。

「競い合う 枝から枝へ 初名草」

どうでしょうか、句を読んでそのシーンが見えますかね。

コメントお待ちしています。

カテゴリー 蛇の目傘 より記事を贈ります。

小さい春の便りもお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。