伝説

今から33年前の今日、歌手の山口百恵さんが舞台中央にマイクを置き、その瞬間伝説となりました。

その時の事を覚えている人も多いのではないでしょうか。

人気絶頂時の突然の引退、持っているもの全てを捨てて、新しいものを掴んだ、その潔い姿が多くの人の感動を呼びました。

さだまさしさんが彼女の為に書いた秋桜の曲が、毎年この季節になると、どこからか聞こえてきます。

ちなみに、現在あのマイクは小樽の石原裕次郎記念館にあるとか。

小樽に行く事があれば、見てみたいですね。あの伝説の証を。