1047頁~記事を書き終えて

写真

2013年9月18日から今日まで560日、書いて来た記事はこれで1047ページになります。

流星雨で「心について」

蛇の目傘で「自然や季節について」

日々思うことや感じたことを書き続けてきました。

毎日の記事が、誰かの、何かの、役に立てていれば幸いです。

雨傘塾が伝えたい事それは、全ての時間が繋がっているということ。

今日は明日になれば昨日と呼ばれます。

相手の気持ちを思いやることの大切さ。

繫がる時間が、今度はあなたを思いやる出来事に変えてくれるということ。

進みゆく日々を良くしていく為のスタート地点がそこにあります。

今日は、これ迄に頂いた言葉を紹介します。

「記事を読むと心が優しくなれます」

「同じ道を通っているのに、草花がこんなに咲いている事を気づかせてくれました」

「言葉にならない気持ちです」

「とても心地よく読ませていただいてます」

「心が辛い時、私も頭の中で月から地球を見てみます」

「とても面白い感性ですね」

「言葉尻一つで優しさを表現出来ることを学びました」

「もう一度、頑張ってみようと思います」

「多くの人がこんな気持ちでいられたらいいですね」

「天体のこともよく勉強していますね」

「雲の形が何かわかりません」

「良い写真が撮れたら送りますね」

「この記事は本当にあなたが書いているんですか」

「記事を読んで、自分のことのように思えて、涙がとまりませんでした」

まだまだ他にも多くの言葉を頂きました。

明日からシステムメンテナンスに入ります。

その後、流星雨と蛇の目傘は塾生専用サイトへと移行する予定です。

サイトマップにて過去の記事もご覧ください。

これ迄のご愛読への感謝の気持ちを込めて

日本語で一番美しい言葉を贈ります。

ありがとうございました。

またお会い出来ますように。

 

2015年3月31日  ささきえいめい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。