向き合う心

Attachment-1

時々、心と向き合うことが大事だと思います。

心が考えている気持ち

それとは裏腹に

脳が考えて発する言葉

チグハグになる事がありませんか。

これは思春期に見られる現象とよく似ていますね。

大人で言うところの、本音と建前です。

キーワードは心の壁

それは、不必要なプライドや、素直になれない意地、恥ずかしいという感情

そんなものが、思いと逆の言葉を発して行くんですね。

これは調整を必要とします。

更に言えば、身体も関連して行きます。

心と身体がチグハグになると、気力や体力が低下しますよね。

時々、心と向き合う

それは、正常な状態に戻すメンテナンスなんですね。

心の壁は、一つ崩すことが出来れば、全て崩せると考えます。

例えば、恥ずかしいという感情をクリア出来れば、素直な自分が現れ、不必要なプライドも無くなります。

例えば、素直な気持ちを言葉に出来れば、不必要なプライドは無くなり、恥ずかしいという気持ちも越えることが出来ます。

出来るだけ、心と身体と言葉は一致しているほうが楽ですよね。

難しいことと思いますが、やってみる価値はありそうです。

一度出来たら、それを癖(くせ)にして繰り返す

すると、いつの間にか当たり前のように全て一致して行くんですね。

随分、心が楽になりそうです。

昔、必要無かったこんな行動も、心の時代の今、必要かもしれないですね。

きちんと、心と向き合うことが出来れば、次に訪れるのは笑顔です。

優しく穏やかな微笑みも手に出来そうです。

そんなあなたの笑顔が相手を笑顔にして行くんですね。

そんな時も、そう遠く無いのではないでしょうか。

ほほえみ、第二弾はそんな記事にしてみました。

今日のあなたが優しい微笑みに包まれますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。