エッセイ(随筆)

IMG_3014

個人的観点から、文体にとらわれず書く文章

意の趣くままに、感想や見聞を書き連ねる

エッセイ(随筆)とはそんな意味なんですね。

私が日々書いているものも、そんな感じかもしれません。

エッセイのような、日記のような、ひとりごとのような。

「相手のことを思いやる気持ちが大切」

当塾の理念です。

魅力ある人は潤いのある人

季節を感じ、自然を愛して、人を思いやる

それが人間力を高める事になると信じています。

書く側と読む側がいかにリラックス出来るか

肩の力を抜くことがいかに大事であるか

そんなことも意識しつつ、言葉を並べています。

だから気楽に読んでください。

「いい加減」「適当」

実はこの言葉は本来良い意味の言葉なのです。

それが日常社会では、良くない事を表現する言葉として扱われていますよね。

「いい湯加減」「適して当然」

どうですか、良い言葉ですよね。

日本語の奥深さも感じとれます。

もっともっと言葉を大事にしたいものです。

やはり私は趣くままに文章を書いていますね。

それが、私にとっての、いい加減、なのかもしれません。

いつもご愛読ありがとうございます。

久しぶりのカテゴリー ほほえみ より記事をおくります。

あなたの周りが笑顔で溢れますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。